お金融資カードローン講座

当サイトではカードローンに関する基礎知識をご提供します。

カードローン業界(特に消費者金融と銀行のカードローン事業)はここ10年間で大きく変化しました。

業界が大きく動いたのは2006年。この年のはじめに、最高裁から「みなし弁済は実質的に無効」という判例が出されました。「みなし弁済」とは「利息制限法」で定められた法定金利を超えた利息でも条件を満たせば合法という貸金業法に定められていた規定で、これをもとに多くのキャッシング会社では29.2%という出資法での最高年利に近い利息を採用していたのです。

つまり判決は「グレーゾーン金利は違法」と認めたのですね。司法が動いた後、立法もすぐに対応しました。この年に改正貸金業法が施行、そこにはグレーゾーンの廃止が盛り込まれました。また総量規制も導入されることになりました。

グレーンゾーン金利の撤廃は私たちユーザーにはやはり嬉しいものです。

たとえば50万円をこれまで年利29%で借りていた人がいたとします。
年間利息だけで14.5万円、月1万2千円以上の利息がかかったわけです(元金は全く減っていない)。

これが利息制限法での上限、年18%だと年間9万円、月7千円強となり負担は大きく軽減されます。
なるほど、金利の差で負担はずいぶん違うものだったのです。

ただし忘れてはいけないことですが、上限金利が安くなるということは、それだけ審査が厳しくなるということでもあります。

借り過ぎはよくありませんから、カードローンをご利用の際は、短期間で少額を借りる、ということを心がけると不安感も軽くなると思います。賢く借り入れし、生活(家計)の一助に利用しましょう。